店舗のご案内

社 歴

嘉永元年(1848) 初代河原新作が三原屋を創業 
※一説には再興
萬延元年(1860) 信州善光寺御門前阿弥陀院町に店舗を構える
明治2年(1869) 信州善光寺櫻小路(長野市桜枝町)を三原屋本店とする
大正15年(1925) 米穀商を廃業し、味噌醤油醸造を専業とする
昭和27年(1952) 法人に改組し株式会社三原屋とする
昭和37年(1962) 日中総合貿易経済使節団大豆部会長として訪中
(4代目河原信三)
昭和42年(1967) 全国味噌工業協同組合連合会会長に就任
(4代目河原信三)
昭和55年(1980) 味噌醤油関連加工品の生産を始める
平成15年(2003) 店舗および醸造蔵が国有形文化財に登録される
平成17年(2005) HACCP制度資金により本社工場を改築
平成18年 (2006)  長野市から食品衛生管理優良施設として表彰



電話 050-5530-2548(IP)/026-234-2041(代表)
FAX 026-234-7788
*IP電話は、全国一律で市内通話相当料金です


お問合わせは、こちらへ!
 この度は、三原屋のウェブサイトを御訪問いただきありがとうございます。
 三原屋は豊かな自然に恵まれた信州善光寺平で味噌醤油の醸造を始めて、今年で160余年を迎えることができました。これもひとえに皆様のお引き立ての賜物、心より感謝申し上げます。
 さて、三原屋には「分限相応」という、初代河原新作の創業理念があります。味噌や醤油は大自然が主役の発酵食品であるため、人間側の都合で生産規模を拡大すると必ずどこかに無理が生じます。「分限相応」の教えは、便利な加工食品に頼らずに、毎日食べても飽きないような家庭料理を理想とする、私たち三原屋の原点であると考えております。
 今般ウェブサイトを立ち上げる運びになりましたが、手作り品質のため至らぬ点もございますが、皆様のご指導とご愛顧を賜りますよう衷心からお願い申し上げます。

6代目当主

代表取締役 河原清隆

国登録文化財 三原屋商店店舗

ご注文方法の説明です。
トップ

会社概要

商号      株式会社三原屋
代表者     代表取締役 河原清隆
所在地     長野県長野市桜枝町881
創業      嘉永元年(1848)
設立      昭和27年(1952)
資本金     1,000万円
決算期     年1回、12月
事業内容    みそ・しょうゆ、および関連食品の製造販売
従業員数    専従6名、非専従2名
取引銀行    八十二銀行長野支店、長野信用金庫桜枝町支店

信州善光寺、櫻小路を西へ徒歩5分。信州大学教育学部の北裏。
桜枝町交差点の西にある、土蔵づくりの建物が目印です。
善光寺御参詣の際は、是非お立ち寄り下さい。

営業時間 8:30-18:00
定休日  土曜日、日曜日、祝祭日

〒380-0862
長野市大字長野桜枝町881番地